ガタカの映画、あらすじと感想、登場人物と俳優、ラストシーンまで | 映画がいつもそばにあった

ガタカの映画、あらすじと感想、登場人物と俳優、ラストシーンまで

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガタカとはどんな映画なのか?

NASAから「現実的な映画」と称賛された作品

この映画のタイトル『ガタカ』はDNAの基本塩基であるguanine(グアニン)、adenine(アデニン)、thymine(チミン)、cytosine(シトシン)の頭文字だそうです。

NASAが「現実的映画」と認めているということは、本当に現実に起こりうる可能性が高いということでしょうか。

だとしたら、恐ろしい話です。やはり人間は自然に生まれるべきではないでしょうか。

Amazonプライムの30日間無料体験の詳細はこちら

ガタカのあらすじと感想

遺伝子工学が発達した近未来

近未来、遺伝子操作によって人工的に作り出された人間、「適正者」が優れているとされ、自然に生まれてきた人間、「不適正者」が差別される、格差社会となっていました。

「不適正者」である主人公のヴィンセントは、生まれた時に心臓が弱く、30年の寿命と診断されました。

学校からも断られ、行くことができませんでしたが、ヴィンセントは宇宙飛行士になるという夢を抱くようになりました。

勉強熱心でしたが、家族には反対され「お前には無理だ。」と言われます。

もう体の弱い子が生まれないようにと、両親は遺伝子操作によって健康なヴィンセントの弟を作りました。

ヴィンセントと弟はいつも海で、水平線に向かってどこまで泳げるか競争をしました。

決まって弟が勝っていましたが、ヴィンセントは諦めずに戦いを挑み続け、ついにある日、ヴィンセントが勝ちました。

「ガタカ」で起こった事件

たくましくなったヴィンセントは家を出て、宇宙局「ガタカ」の清掃員になります。

夢とは程遠い日々を送りますが、ある日闇業者の紹介で、事故のために身障者となった元水泳選手であり、銀メダリストだったジェロームの体を借りるという契約を交わしました。

ジェロームの血液を利用して検査を受け、そして、「ガタカ」の社員になることに成功します。

やがてパイロットとして旅立つ日も決まり、いよいよという時でしたが、そんな折、ヴィンセントの上司が殺害されます。

上司はヴィンセントが「不適正者」ではないかと疑っていました。

事件現場に落ちていたヴィンセントの髪の毛から、ヴィンセントは警察から犯人として疑われるようになってしまいます。

危機からの脱出

そんな中、「ガタカ」で働く秘書、アイリーンとの恋が始まりました。

アイリーンは「適正者」ですが、体が弱いせいで思い通りの仕事ができず、自分を卑下していました。どこか似ている二人は惹かれあっていきます。

ヴィンセントが警察に追われ、危ない時にはアイリーンがさりげなく助けてくれました。

ジェロームやアイリーンなどの周りの人に助けられながら、なんとか数々の危機を乗り越えていくうちに真犯人は捕まり、ヴィンセントは無事宇宙へ旅立ったのでした。

ガタカを観た感想

人間に不可能は無い、と思わせてくれる映画でした。
ヴィンセントがアイリーンに、「不可能はない。」と伝えていたの言葉は心に響きました。

この映画の話までは行かないにしても、遺伝子による差別は、現代でも起こりうる話です。生まれつきこうであると決めつけられ、差別されながら生きる人もいるでしょう。

ですが、本人の努力次第で、生まれ持ったものは変えられるんだと、この話が教えてくれている気がします。観ている人に希望を与える作品です。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら

ガタカの登場人物

印象的な脇役

主人公のヴィンセント、弟のアントン、体を借りたジェローム、恋人のアイリーン、が主たる登場人物です。

その他の脇役にもヴィンセントを「不適正者」とわかっていながら見逃す医師も重要な役割を果たしています。

dTV31日間無料キャンペーンの詳細はこちら

ラストシーンネタバレ

ジェロームの自殺

ある日、ヴィンセントが帰宅すると、ジェロームがたくさんの血液を冷蔵室にストックしていました。

「こんなにたくさん、どうしたんだい?」と驚くヴィンセントにジェロームは、「一生分、ストックしておいたよ、体と引き換えに、夢をくれてありがとう。」とお礼を告げます。

そしてヴィンセントに手紙を渡しました。

ヴィンセントが宇宙船の中でその手紙を開くと、入っていたのはジェロームの髪の毛でした。

ジェロームは、ヴィンセントが宇宙へ旅立ってから、自殺してしまいます。銀メダルを首に下げて、自分を燃やしてしまったのです。

映画を観終わってから、ジェロームはどうして死んでしまったのだろう、という疑問が残りました。

ネットでは体を貸していたという証拠を隠滅するためにという説もありましたが、個人的には、きっと身障者として生きているのが辛かったんだろうと思います。

ヴィンセントの夢が叶い、自分の任務は終わった、と思ったのではないかと推測しています。

ヴィンセントのために生きていた、と思うとそこには強い友情が感じられます。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら