桐島、部活やめるってよ、映画の配役と作者は誰?ロケ地は高知! | 映画がいつもそばにあった

桐島、部活やめるってよ、映画の配役と作者は誰?ロケ地は高知!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

桐島、部活やめるってよ映画

2012年公開の映画

2012年公開の日本の学園映画です。日本アカデミー賞で最優秀作品賞を含む3冠をとった映画です。

学校のカリスマ的存在だったバレー部キャプテンの桐島が部活をやめるという噂が学校中に広がりました。

親友だった宏樹や彼女の梨沙にも相談していなかったため、学校中に動揺が走ります。

Amazonプライムの30日間無料体験の詳細はこちら

桐島、部活やめるってよのあらすじと配役

桐島の影響

宏樹は同じ塾に通う桐島を竜太と友弘とバスケをしながら待っていることが日課になっていたのですが、桐島がいないならバスケをやる必要はないとやめてしまいました。

成績も運動できる宏樹でしたが、野球部の練習には参加せず、彼女がいますが恋愛にも夢中になれず何事にも情熱を持つことができていませんでした。

一方映画部の前田はそんな周囲の騒ぎを気にすることなく、仲間とゾンビ映画を撮影していた。

コンクールで入選しますが顧問の書いた脚本だったため、自分たちの映画を撮ろうとしていました。

しかし、顧問からは撮影禁止にされたり、撮影場所にいつも宏樹に片思いをしている亜矢がいたため撮影が進みません。それでも前田は熱心に撮影を続けました。

桐島がいなくなってから5日目に桐島が屋上にいるらしいという噂が広がりバレー部が屋上に向かいますが、そこにいたのは撮影中の映画部でした。

バレー部に撮影を邪魔され怒った前田はゾンビ姿の部員をけしかけバレー部を襲わせます。

バレー部を追い払いますが、カメラが壊されてしまいます。

壊れたカメラを直していると宏樹があらわれ、将来映画監督かと聞くとそれはないと前田は答えました。

それでも映画を撮ることは楽しいと答える前田に、何事にも情熱持てない自分に思わず泣きだしてしまいます。

最終的に優秀ではあるが、何事にも情熱を持てず桐島に振り回された宏樹(東出昌大)と、これといって秀でたものはないが周りの目も気にせず映画に対する情熱だけは人1倍の前田(神木隆之介)に心を動かされていきます。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら

桐島、部長やめるってよの感想と小説

19歳のデビュー作

桐島、部活やめるってよは桐島がいなくなっただけでこれほど人間関係が変わってしまうのかと感じる反面、登場人物の中にはこんな子いたなとどこか共感できるリアルさがある作品だと感じました。

この作品は2009年、朝井リョウが若干19歳のデビュー作であることには驚きです。

その後男性では最年少直木賞受賞者となるなど活躍しています。

dTV31日間無料キャンペーンの詳細はこちら

桐島、部活やめるってよのロケ地

本当の高校生と一緒に

撮影は高知の高校や城西公園で行われました。

神木隆之介は舞台挨拶で本当に授業を行っている隣の教室で撮影を行っていたり、暖房の室外機の音が入らないよう冬なのに暖房を切ってもらっていたと話して思い入れのある作品だったと話しています。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら