君の名は。アニメ映画、瀧と三葉の声優と歌の歌手は誰?聖地はどこ | 映画がいつもそばにあった

君の名は。アニメ映画、瀧と三葉の声優と歌の歌手は誰?聖地はどこ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ 君の名は。とは

社会現象にもなった大ヒットアニメ映画

2016年に公開された新海誠監督による長編アニメ映画です。

公開からわずか52日で累計興行収入150億円を突破しました。

繊細で美しい映像が素晴らしいのと、魅力的な登場人物や声優にも感動できました。

そして、印象的な主題歌が話題となって幅広い世代から愛されるアニメ映画になったのです。

君の名は。の簡単なあらすじ

男女が突然入れ替わってしまう

1か月後に1000年ぶりに彗星が地球に接近するといわれたある日のことです。

山奥の田舎町に暮らしていた女子高生の宮水三葉。なぜか、自分が東京の男子高校生になった夢を見るのです。都会に憧れていた三葉は、夢の中の東京に心を躍らせるのです。

同じころ、東京に住んでいた男子高校生の立花瀧は、見ず知らずの山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見ます。

そして、驚いたことに、不思議な夢を繰り返し見る度に、二人は本当にお互いが入れ替わっているということに気が付いたのです。

何度も入れ替わって、お互いの生活を楽しむようになりますが、あるとき、突然入れ替わりが途切れたのです。

不思議なつながりを探ろうと、瀧は、記憶だけを頼りに会ったことのない三葉に会いに行きます。そこで龍が見た真実とは?

Amazonプライムの30日間無料体験の詳細はこちら

君の名は。キャラクターと声優

ダブル主人公と声優

・立花 瀧

君の名は。の男性主人公です。東京の都心に住んでいる男子高校生です。

霞ヶ関で働く父と2人で暮らしていて、、レストランでアルバイトをしています。

いたって、普通の少年ですが、ある日から三葉と身体が入れ替わることになってしまうのです。

声優は神木隆之介さんです。

・宮水三葉

女性主人公で、山深い田舎町の岐阜県糸守町に住んでいる女子高校生です。

小学生の妹、祖母との3人暮らしで、家は宮水神社、妹と共に巫女を務めています。東京に強い憧れを抱いています。

声優は上白石萌音さん。オーディションの際に新海誠監督が惚れ込んでしまったそうです。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら

君の名は。の主題歌は?

映画の世界観を表現

君の名は。の主題歌は全部で4曲あります。その、全ての楽曲を手がけているのが「RADWIMPS」です。

実は、新海誠監督自身がRADWIMPSのファンだそうで、自ら曲を書いてほしいとお願いしたということです。
「前前前世」
CMや予告編でも流れていて、スピード感のある曲調と、映画の世界観を表現した歌詞にも注目です。
「スパークル」
ピアノの音色が優しいバラード曲で監督も涙を流した1曲だとか。
「夢灯籠」
オープニング曲に使用されています。
「なんでもないや」
エンディングテーマ曲に使われていて、上白石萌音さんもカバーしています。

dTV31日間無料キャンペーンの詳細はこちら

君の名は。の聖地巡礼も人気

舞台は岐阜県と東京都

岐阜県飛騨地方
君の名は。ではモデルとなった土地が多く存在しますが、主人公三葉が住んでいた場所は岐阜県の飛騨地方だと、監督が公言しています。

飛騨には聖地巡礼マップもあるそうです。
東京四谷駅周辺
次に瀧が住んでいるところは、東京で、主に四ツ谷駅周辺が多く登場します。

キービジュアルに使用されているのは須賀神社の階段です。

他にも長野県の湖や秋田県の駅などもモデルとなっているそうです。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら