天気の子のアニメ映画、陽菜の声優、主題歌の歌手、監督は誰? | 映画がいつもそばにあった

天気の子のアニメ映画、陽菜の声優、主題歌の歌手、監督は誰?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ、天気の子に登場する魅力あふれるキャラクター

演じる声優さん達

・天野陽菜(あまのひな)  CV:森奈々

このお話のヒロインで中学3年生の女の子です。

代々木の廃ビルの屋上にある小さな鳥居をくぐったことで、祈ることで局地的に天気を晴れにできるという不思議な力を手に入れてしまいました。

様々な事情があって、アルバイトをしながら、弟と2人暮らしています。

・森嶋帆高(もりしまほだか)  CV:醍醐虎汰郎

物語の主人公で、高校1年生の男の子です。

家出をして、東京に来ました。東京に知り合いがおらず、身分証もないので職にもつけず、ネットカフェで寝泊りをしていました。その後何とか職と住む場所を見つけます。

律儀な性格ですが、陽菜の事になると、法律を違反しても気にしないような性格になります。

・天野凪(あまのなぎ)  CV:吉柳咲良

陽菜の弟の小学生です。

最初の頃は帆高の事を嫌がっていましたが、次第に打ち解けていきました。

小学生のくせに、恋愛経験も豊富、発言が大人びているのです。

・須賀圭介(すがけいすけ)  CV:小栗旬

家出中の帆高がフェリーで落ちそうになったときに助けてくれました。

有限会社K&Aプランニングを経営してします。帆高をアシスタントとして採用してくれました。

妻に先立たれますが、子供の萌花を溺愛しています。

Amazonプライムの30日間無料体験の詳細はこちら

大ヒット映画天気の子

気になるあらすじ

主人公の森嶋帆高(もりしまほだか)は高校一年生で住んでいた神津島から家出します。

そして、雨が降る東京へやってきました。

帆高は家出の際に乗ったフェリーで落ちそうになり、それを助けてくれた須賀のもとでアシスタントとして住み込みで働くことになります。

その夏の東京は異常気象でずっと雨が降っていました。

そんな異常気象においても、晴れにすることができる女がいるという都市伝説を聞きます。

そして、帆高は天野陽菜(あまのひな)という女の子に出会い、なんと、その子は祈ることで少しの間だけ、それも局地的に晴れにできるという不思議な力を持っていたのです。

さて、この二人の出会いの結末はいったいどうなるのでしょう?

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら

天気の子を作った監督

作者はこんな人

天気の子の監督はあの有名な『新海誠』さんです。

新海誠さんは、大ヒットした『君の名は』や『秒速5センチメートル』といった作品で多くのファンがいます。

なんと、天気の子には「君の名には」に出てくるキャラクターが登場しているのです。

というわけで、是非天気の子と一緒に君の名をも見てほしいですね。

また、新海誠さんのアニメ作品は『新海ワールド』と呼ばれていて、とても風景描写が綺麗だと言われています。

dTV31日間無料キャンペーンの詳細はこちら

大ヒット映画の主題歌

歌手と心惹かれる歌詞

主題歌はRADWIMPSが歌う『愛にできることはまだあるかい』です。

アニメのストーリーとも重なって、とても落ち着いた優しい音楽で聴き入ってしまいます。

・愛にできることはまだあるかい
・僕にできることはまだあるかい?
・君がくれた勇気だから
・君の為に使いたいんだ」

これは、歌詞のほんの一部ですが、これだけでも映画のシーンが蘇って来て、とても切なくなります。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら