記憶にございませんの映画のあらすじ、中井貴一のキャラ、監督は誰 | 映画がいつもそばにあった

記憶にございませんの映画のあらすじ、中井貴一のキャラ、監督は誰

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画「記憶にございません」とは

詳細の情報

2019年9月13日に公開された日本の映画です。

興行収入はおおよそ36億4千万円となっており、公開から2週連続の首位を獲得し多くの話題を集めました。

記憶にござませんの元ネタは実業家の小佐野賢治がロッキード事件にて答弁の際に発言をしたことで有名になったワードです。

それ以降から政治家の間で不都合なことがあった時に使われる言葉として流行しました。

記憶にございませんというワードに感銘を受けた三谷幸喜がパロディとして仕上げたものがこの映画です。

Amazonプライムの30日間無料体験の詳細はこちら

記憶にございませんのキャスト

登場する豪華キャスト

監督

三谷幸喜

主要キャスト

中井貴一・・・黒田啓介 役
ディーンフジオカ・・・井坂 役
石田ゆり子・・・黒田聡子 役
小池栄子・・・番場のぞみ 役
斎藤由貴・・・寿賀さん 役
吉田羊・・・山西あかね 役
田中圭・・・大関平太郎 役
寺島進・・・南条実 役
浜田龍臣・・・黒田篤彦 役

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら

記憶にござませんのあらすじ

物語の紹介

ある日東京都内の病院で目を覚ました男。

なんと一切の記憶を喪失していたのです。

何が起きているのか理解ができないまま、男は病院を抜け出すのですが、病院を出てテレビを見ていると、なんとそこに映っていたのは自分の姿だったのです。

あろうことか自分自身が嫌われ者の内閣総理大臣であることを知った男を待ち受けていたのは、演説中に傍聴者から投石を受け病院に直行した事実でした。

さらに秘書官を名乗る人間から告げられた言葉はなんと自信が記憶喪失状態であることを国民に伏せておくという内容だったのです。

そんな中で、アメリカから大統領が来日します。

記憶を失った状態での日米首脳会談をどのように乗り切れというのでしょうか・・・。

記憶を失った内閣総理大臣とその取り巻きに巻き起こる、一発逆転痛快コメディです。

dTV31日間無料キャンペーンの詳細はこちら

記憶にござませんの評判

口コミサイトでの評判

映画専用口コミサイトを調査した結果、全体的によく出来た映画であるとの声が多く良い映画だという評価が多く見受けられました。

特に多かった口コミとしては、「面白い」「笑える」などのコメディ映画としては最も嬉しいと思える評価でした。

中には「心が温まった」とうい口コミも多くあり、お子さんがいる家庭でも家族揃って鑑賞するのに向いている作品だという印象を受けました。

また、キャストがとにかく豪華だという声が多いのも印象的でした。

確かに主役キャストに中井貴一や石田ゆり子がキャスティングされているので私自身も豪華なキャストだなと印象を受けました。

併せて自身の感想

個人的な感想としては口コミサイトで見かけた多数の評価と重複するところがありますが、率直に面白いという感想を持ちました。

笑えるところが分かり易く、大人から子供まで老若男女が楽しめる映画だと思いました。

子供と一緒に鑑賞すると気まずくなるような場面も特に無く、映画を見た後でも話題にできるような楽しい内容だったので個人的にもおすすめの映画だと感じました。

また個人的感想としては、三谷幸喜監督の作品の中でも上位にランクインする面白さだと感じました。

肩の力を抜いて楽な気持ちで鑑賞ができる観る価値のある映画なので是非鑑賞して見てください。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら