クワイエットルームの映画のあらすじ、蒼井優のキャラ、原作小説は | 映画がいつもそばにあった

クワイエットルームの映画のあらすじ、蒼井優のキャラ、原作小説は

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クワイエットルームへようこそとは

2007年公開の邦画映画

クワイエットルームへようこそは、2007年著者である松尾スズキ自身の監督で映画化されました。

精神病棟という非日常を題材にコメディ要素を交えながら、佐倉明日香の過去の後悔と再出発するまでの14日間のストーリーとなっています。

Amazonプライムの30日間無料体験の詳細はこちら

クワイエットルームへようこそのあらすじ

佐倉明日香の後悔と再出発

フリーライターとして活動していた佐倉明日香は不眠症に悩まされていました。

そんなある日担当するコラムに行き詰まり、大量の睡眠薬を過剰摂取し昏睡状態に陥ってしまいます。

3日後目を覚ますとクワイエットルームに拘束されていました。自殺願望者と判断され、精神患者の隔離病棟に強制入院させられていたのです。

明日香は前夫の自殺をきっかけに不眠症になり、今の夫鉄雄ともうまくいかず堕落した生活を送っていました。

それでも立ち直ろうとライターの仕事に打ち込みましたが、父の死が元で鉄雄と喧嘩になり衝動的に睡眠薬を過剰摂取したのでした。

明日香は入院生活を送る中で過去の自分と向き合い、様々な人と出会う中で不眠症も治り立ち直っていきます。

明日香に限らず多くの問題を抱えている患者や看護師の掛け合いもコミカルで最後まで思わず笑ってしまう映画です。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら

クワイエットルームへようこそのキャスト

豪華俳優陣

主人公佐倉明日香を演じるのは、モデルなどでも活躍している内田有紀です。

その夫鉄雄を演じているのが宮藤官九郎です。

鉄雄は番組の罰ゲームで行った風俗店で明日香と出会い明日香が転がり込む形で結婚しました。

明日香に出版社を紹介し、睡眠薬を過剰摂取する原因となった仏壇事件の張本人でもあります。

「クワイエットルームへようこそ」と明日香に声をかけ、入院当初から面倒を見てくれた拒食症患者のミキ役は蒼井優です。

彼女は自分が1食食べると世界の誰かが1食食べれなくなる仕組みに気づいてしまったから食べないという理由から拒食症になりました。

明日香にとってかなり衝撃的な一言だったようです。

新人いじめが生きがいで元AV女優の西野役は大竹しのぶです。

西野は入所者に物を売りつけ追い込んでいくやり方で明日香にもたばことテレフォンカードを売り、金銭を請求していき追い込んでいきます。

dTV31日間無料キャンペーンの詳細はこちら

クワイエットへようこその原作

著者は俳優としても活躍している松尾スズキ

クワイエットルームへようこそは2005年松尾スズキの小説です。

文藝春秋から出版のされました。

2005年下半期の芥川賞候補作品にもなっています。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら